2014年11月15日

メルセデス、SUVの呼称を一新へ

ドイツの高級車ブランド、メルセデスベンツ。同ブランドが、SUVのネーミングを一新する。

これは11月11日、メルセデスベンツが明らかにしたもの。「2015年から順次、新たなネーミング手法を導入する」と発表している。

大きく変わるのは、SUVの呼び方。現在の『GLクラス』、『Mクラス』、『GLKクラス』が、新しい名前に変わる。新ネーミングは、GLクラスが『GLS』、Mクラスが『GLE』、GLKクラスが『GLC』。


この呼び方は、メルセデスベンツのサルーン系の中核車種、『Sクラス』、『Eクラス』、『Cクラス』に準じたもの。SUVは頭の「GL」を共通ワードとし、最後の文字で車格を表す。

その一方、『Gクラス』と『GLAクラス』に関しては、従来通りで変更はない。Gクラスは伝統のモデルであり、メルセデスベンツのSUVの頂点に位置付け。GLAクラスは、登場時から新しいネーミング手法を導入しており、『Aクラス』車格のSUVを意味している。

メルセデス・ベンツカー用の診断機、車の鍵の書き換えツール、ECUプログラマーなどのデバイスを含むリンクはこちら:http://www.jobdii.jp/search/?q=MB+
ご参考ください!

11月27日—28日、JOBD2は感謝祭の限定セールを行います、是非見逃せないで!プロモーションの詳しくはhttp://blog.jobdii.jp/archives/1073 
  


Posted by carobd2 at 10:38Comments(0)Japan obd2

2014年11月05日

IScancar OBDII EOBD コードスキャナー

JOBD2のIScancar OBDII EOBD Cars Trouble Codes Scanner

IScancarは強力な手持ち型のOBDII/EOBDコード・スキャナである。それは、OBDIIの従順な乗り物(自動車問題を速く正確に分析できる、まるで自動車修理専門家のよい助手だ!)の上のサービスをすべて支援する。

IScancar OBDII EOBDはカラーなLCDディスプレイを使用して、操作するのは非常に簡単である。効率的にトラブルシュートして、自動車コードをスキャンするに大変助かる。内蔵のヘルプ・メニューおよびコード定義で、その恐れられたチェック・エンジン光の分析および修理は今これまでより容易である。

IScancar OBDII EOBD スキャナーはKWP1281 (K-line)、KWP2000 (K-line) とKWP6000 (CAN)のOBD2プロトコールに対応できる。

機能:
コントロールユニット情報を読み出す
故障コードを読み取る
故障コード をクリア
アクチュエーターテスト
ライブデータをスキャン
基本的な設定
符号化制御ユニット
マッチと調整
ログインと承認

キーマッチ機能:
直接、多くのVWのキーをマッチする、複雑な手順から離れる。

アップデート:
オンラインを通して無料でアップデートする可能、工場に戻す必要ない。


IScancar OBDII EOBDに関する詳しくは
http://www.jobdii.jp/wholesale/iscancar-obdii-eobd-cars-trouble-codes-scanner.html にある。
  


Posted by carobd2 at 16:13Comments(0)Japan obd2