2015年02月28日

オート診断テスト、自分でどのようにするか?

自動車製造業のボード診断学(OBD)が20年前において出現した以来、診断車もめごとを素人にずっと容易にした 。今や、すべての新しい車は、一連のコードとして情報を提供する読み取り可能なOBDシステムを装備される。トラブルコードが現れる時には、「チェックエンジン」ライトはダッシュボードにおいて発火し、オーナーに、車が問題を持っていることを示す。ちょっとした研究によって、あなたは、車問題を診断し、定着させるために、あなたの車のコンピュータ診断学を用いることができる。
手順
1
OBD-IIスキャナをローカルな自動車部品店から借りなさい。ほとんどの全国的な自動車部品会社〈マレー、オライリーなど〉は、OBD-IIスキャナを貸す。あなたは、駐車場のあなたの車に取り組むためにあなたがスキャナを取り出す間運転免許証またはクレジットカードのような傍系親族と別れる必要がある。
2
OBD-IIスキャナをあなたの車のデータリンクコネクタ(DLC)に差し込みなさい。DLCは、まさにセンターの左というドライバーある側ダッシュの下で通常突き止められる。それは16の接続ポイントを持ち、OBD-IIスキャナに含められているコードとマッチしているはずである。もしあなたがそれを見つけることができないならば、あなたのマイカー所有者のマニュアルを参照するか、またはメーカーに連絡しなさい。あなたの車はオンにちがいないけれども、エンジンを始動させない。
3
スキャナをつけて、画面上の手順に従いなさい。スキャナは一般的なコードおよびメーカーの具体的なコードを生成できる。一般的なコードはすべての自動車のために同じである。一般的なOBDコードが問題を決定するように、オンラインのガイドに相談しなさい。OBD-llスキャナはメーカーのコード。あなたの車を読むことができない 見えている メーカーコード 具体的な問題を決定することをあなたのローカルな地域販売特約権店に持って行く 。
4
いったんあなたが車のトラブルコードを取り出したら、あなたの機械工に相談しなさい。機械工はあなたの車の問題のために必要な様々な修理を議論できる。

Jobd2.jpのObd2コードスキャナー
http://www.jobd2.jp/wholesale/obd2-code-scanner/

















  


Posted by carobd2 at 17:52Comments(0)Japan obd2

2015年02月03日

2014年日本製スポーツカーは米国での販売状況

今日、日本車に関するカーニュース:
日本製スポーツカーの米国販売。86 / BRZ は減少、GT-R と Z は増加(2014年)
http://www.jobd2.jp/producttags/japanese-support.html

前年比5.9%増の1652万2000台を販売し、5年連続で前年実績を上回った2014年の米国新車市場。日本製スポーツカーの販売結果がまとまった。

これは、各社がまとめたデータから明らかになったもの。トヨタ『86』、日産『GT-R』/『フェアレディZ』、マツダ『ロードスター』、スバル『BRZ』など、日本製のスポーツカーは米国で売れたのか。

まずは、トヨタ86。同車は米国では、サイオンブランドの『FR-S』として販売されている。2014年実績は、1万4062台。前年比は23.3%減と、2013年の60.5%増からマイナスに転じた。スーパーカーのレクサス『LFA』は、17台を登録。すでに限定500台の生産を終了したLFAは、2013年の23台から減少している。

スバル(富士重工)は、トヨタ86の兄弟車の『BRZ』が7504台を販売。前年比は12.6%減と、86と同様に落ち込む。新型を投入した『WRX』と『WRX STI』は、合計で2万5492台を販売。前年比は41.9%増と大きく伸びた。

マツダ ロードスターは、米国では『MX-5ミアタ』としてお馴染み。2014年の販売台数は、4745台。新型の発売を控えたモデル末期のため、前年比は17.9%減と、落ち込んだ。すでに生産を終えたロータリースポーツ、『RX-8』は、2013年同様、1台のみを登録。

日産自動車は、GT-Rが1436台を登録。前年比は16.2%増と、2013年の4%増を上回る根強い人気を示す。現地では『370Z』として販売されるフェアレディZも、前年比9.7%増の7199台と、増加に転じている。

BLOG JOBD2
http://blog.jobd2.jp







  


Posted by carobd2 at 18:06Comments(0)Japan obd2